サロンリスト

コピス吉祥寺店(東京都武蔵野市)

投稿日:2018.12.07

まつ毛にも毛周期があるんです☆

こんにちは!

ビューテューアイラッシュコピス吉祥寺店です☆本日はまつ毛の毛周期についてです☆

まつげの成長するスピードは、早い人では30日間程度、遅い人で80日~100日程度です。これはまつげや髪等が生える皮膚には毛細血管が多く集まっており、毛の生成に対してより活発な活動が行われていることが影響をしています。

まつげの毛周期は、成長初期、成長期、退行期、休止期と、大きく4つの段階に分かれています。

成長初期

皮膚の中で成長が始まる時期です。毛は弱くコシのない状態で、赤ちゃんの毛や産毛のような柔らかな状態ですが、この毛が少しずつ強く太くなっていきます。この時期にある毛にマツエクを施すと成長を妨害するおそれがあるので、避けましょう。

成長期

まつげが皮膚の表面に出て、太く長く伸びていく時期です。まつげ自体はまだ短いですが、コシが出てきます。1日にあたり平均0.1~0.18mm程度。1週間で約1mmといったゆるやかなスピードで、少しずつ長いまつげになっていきます。

また、この時期に美容液を使用すると、より丈夫に育つことが期待できます。成長途中の過程にあるまだ短いまつげに対してのマツエクは行わないのが原則です。ただし一定の長さの成長が見られる場合、マツエクのモチを良くするために成長期最後期のまつげを選んでエクステンションを付けることはあります。

退行期

まつげの毛母細胞が消滅し、成長が止まる時期です。この時期はまつげが完全に皮膚表面に出て、眼球を守る働きをします。この段階から成長することはないので、エクステをするには最適な時期といえます。

退行期の中でも最終期にある毛の場合には、まつげが抜け落ちやすい状態になっています。退行期にあるまつげにもきちんとケアを行い水分や栄養分を補給しておくと、まつげの乾燥や傷みを防ぎ、コシのある状態を長くできると言われています。

休止期

毛が抜け落ち、次の毛が生えるための準備期間です。

自まつげへの量や本数が少ないなどのお悩みもあるかとおもいます。

この原因には、まつげの毛周期の乱れが関係をしていることもあります。成長初期・成長期にきちんとまつげに栄養が届いていないと、まつげは十分に伸び切らないままに退行期を迎えてしまいます。細く弱い状態のままで成長が止まってしまうため、まつげのボリューム感が失われていきます。またそういった場合マツエクの付けられる本数も限られてしまいます。

日々、まつ毛美容液をしっかり塗ってあげてケアすることがとても大切になります。

img57630734

美容液に関しては店頭スタッフにお気軽にお声がけください。

ビューテューアイラッシュコピス吉祥寺店

TEL0422-20-3012

クーポンはこちら

deco
▲先頭へ